カテゴリー
白髪

中途半端に白髪が生えています

白髪がまとまって生えているわけでもなく、かと言って目立たないところにあるわけでもなく、何本も生えています。

でも、白髪染めをするほど困っては居ませんし、かと言って、抜くと抜いた後に生えてきた短い白髪が跳ねて逆に目立ちます。

白髪があるだけで「不潔」と思う人もいるらしいので、なるべく白髪はなくしたいのですが、かと言って白髪染めやその効果があるシャンープーは値段も高いですし、大げさな気がして使えません。

しかも、頭皮から染めてしまうと、その髪の毛以外も色が抜けて、白髪になりやすくなるらしいので、怖くて白髪染めができません。

マスカラタイプの白髪染めも結構なテクニックが必要みたいで、私の白髪全てに塗っていたららちがあきません。

その割には目立つところに1本だけというのが10箇所もあるので、困っています。

その上、最近では髪の毛がパサついてきて、私は髪を洗うのが嫌いなので、極力洗いたくないのですが、そうしていると、今度は皮脂でペッタンコになってしまって、髪を洗うペースが遅いので、余計にシャンプー、リンス、トリートメントなどのケアでは白髪が染まる気がしません。

髪を洗わずに済んで、その上白髪が染まる、テクニックのいらない白髪染めがほしいです。

カテゴリー
白髪

急に白髪が増え始めました

46歳、二児の父です。おかげさまで頭髪は薄くなっていませんが40歳を過ぎた頃から急に白髪が増え始めました。しかも全体的に増えたわけではなく一部分だけが白髪だらけになっています。具体的な位置は左側頭部辺りだけです。

白髪が増え始めた頃はすぐに全体に広がり真っ白になるのでは?と思っていました。歳の割に見かけが若いと言われ続けていたので、分相応になるかなと少し期待もしていましたが部分的に白髪のまま全体に広がっていかないので、とても不自然な色合いになっています。一時は染め上げていたのですが段々とめんどうになり、ここ1~2年は放置状態です。

そんなある日、年頃の息子(中学1年生)が父兄参観の手紙を学校から持って帰ってきました。息子は「お父さん父兄参観は来るの?」と問われたので「もちろん行くよ!楽しみにしてるよ」と私。すると息子は「あの~、お願いがあるんだけど、恥ずかしいから白髪染めてから来てよ!」と息子…。

今までそんな事を言われた事もなかったし、そもそも白髪頭の父を恥ずかしと思っていた事に大変ショックを受けました。それからはめんどうでも白髪を染めるようにし、服装もオッサンくさくならないように気を付けるようにしました。そのせいか息子との関係も良好です。

カテゴリー
白髪

20代後半にして白髪がとても多い

突然だが筆者は20代後半にして白髪がとても多いことが悩みだ。

白髪といえば何をイメージするだろうか。筆者が学生の頃は「お年寄り」や「疲れている」「ダサい」というイメージだった。

白髪が生えていると気が付いたのは中学生の時、友人から「白髪が生えているよ」と指摘された時からだ。中学生の時は校則で染髪は禁止されているし、思春期真っ只中だったのでとても恥ずかしかった記憶がある。

 大学生になり、自由に髪色を変えたりすることが出来るようになってからはあまり気にすることはなくなったが、それでも髪の毛が伸びてくると髪の根本からは白髪が生えてくる。それが気になるため大学生になってからは頻繁に美容室に通っていた。髪の色を染めるのも黒以外に染めないと白髪が目立ってしまうということもあり大学生になってからは黒に染めていない。黒以外に様々な髪色を楽しむことが出来て楽しいことは楽しいのだが、出費が多くなるしやはり面倒だなという思いがあった。社会人になっても白髪が生えたままの人は身だしなみが良くないという周りの意見もあった。

 筆者はこの悩みと苦労を抱えて学生の頃から過ごしてきた。これは白髪が生えていない人にはきっと理解することが出来ない悩みと苦労ではないだろうか。

カテゴリー
白髪

白髪にはやっぱり白髪染め?ファッションカラーでもいいの?

アラフォーのワーママです。30代後半からでしょうか、白髪が気になるようになってきました。

私の場合、つむじ辺りからしっかりとした太さのある白髪が3〜5本、生えてきます。ある日、仕事中に後ろを通った上司から「お!お前も白髪が目立つようになってきたな」と言われて、えーっと驚きました。鏡で確認すると、確かに主張強めの白髪が3本、しっかりあります。

早速、行きつけの美容室で相談。いよいよ”白髪染め”を使わなくてはならないのかな…と思うと、急に老けたような感じがしてガッカリでした。

しかし、美容師さんの答えは「白髪染めを使う必要なし」。

なぜか。

そもそも、白髪染めは髪色を暗くするもの、ファッションカラーは黒髪を明るくするもので、髪への作用は同じ。染色作用に比べて脱色作用の強いファッションカラーの方が、豊富なカラーを楽しめて微調整もできるので、いつも通りのカラー剤でいいのだそうです。

そういうわけで、白髪の目立ち始めが美容室を予約するバロメーターになりました。ただし、その頻度が悩みのタネ。1ヶ月半もすれば、あの主張の強い白髪たちがスクッと生えてきます。カラーの頻度が増えたことで、お財布事情はもちろん、髪の痛みも気になるところです。