カテゴリー
口臭

口の中の菌を減らして口臭対策!

口臭をなくすには、口の中を清潔に保つ!これが一番です。

口臭の原因は何かというと、口の中に菌が繁殖することから始まります。

つまり、モノを食べてそのままにして時間が経てば口臭は発生するということです。

あと、虫歯なんかも口臭の原因になります。

これは虫歯に菌がついてそこが病気になっているからにおいも発生するということです。

なので、虫歯のある人は歯医者に行って治療してもらいましょう。

虫歯がある状態ではいくら歯磨きをしても口の中の患部に菌がいるため、

口臭を完全になくすことはできないからです。

http://www.psilovehair.com/

そこがまず、スタートです。

虫歯のない状態で、そこで初めて口内を清潔に保つことが生きてきます。

続いて歯磨きです。

当然ですが、ご飯を食べたら歯磨きをするのが望ましいです。

朝、昼、晩とできたら3回磨くときれいな状態を持続させやすいですし、自分も安心できます。

口臭が自分で一番わかるのは朝です。

就寝中口を開けて寝ていると、

口内が乾燥して菌が発生しやすい状況になっているからです。

朝しっかり磨いていくと、会社や学校でも人に不快感を与える心配を減らせます。

しかし、一番しっかり磨かないといけないのは寝る前です。

食べたものは24時間以内に歯磨きすると落としやすいので、

一日の終わりにしっかりと汚れを落とすようにしましょう。

このときにデンタルリンスなどを使うとより口内を清潔に保ちやすくなります。

そして、余裕があれば歯ブラシだけではなく、

歯間ブラシやフロスなどを使って歯茎の間もきれいにするようにすると歯周病対策にもなります。

カテゴリー
口臭

子どもの口臭の原因は「お口ぽかん」

6歳になる我が子は、歯が生え始めた2歳頃から定期的に歯医者へ通っています。3か月~半年に一度、歯の生え変わり等に応じて口内クリーニングをするためです。自宅でのブラッシングでは取り切れない歯垢や、歯の着色を取ってもらいます。子どもの口の中はいつもスッキリ、虫歯もありません。

しかし、それでも時々お口が臭うことがあります。口の中はとても綺麗なはずなのに何故…

歯医者で相談すると、原因は我が子の「お口ぽかん」にありました。我が子は鼻炎で常に鼻が詰まってしまっており、口呼吸が癖づいてしまっています。夜眠るときも大体口が空いています。

口が開いていると口腔内が乾燥し、臭いの原因となる最近が繁殖。それが口臭に繋がるのだそうです。

ブレスマイルウォッシュの口コミと効果を暴露!

折角歯医者に通い口の中を綺麗にしていても、口が開いてしまっていることで口臭が出るのは本人にも気の毒です。親としてできることは、まず口が開く原因となっている鼻炎の治療をきちんとしてあげること。そして、本人も口呼吸が癖になっているので、ストレスにならない程度に適時、鼻呼吸を促してやることでしょうか。

口臭はデリケートな問題なので、大人になると、周囲の人はもう誰も指摘などしてくれません。まだ小さい子どもの内にできる限り、鼻呼吸の癖をつけてやりたいと思います。