カテゴリー
妊娠

妊娠線ができてしまう瞬間

妊娠をしてからは、できることなら妊娠線ができないようにと、毎日お風呂上がりにお腹全体にクリームを塗って対策をしていました。
一人目の子供を妊娠した時は、さほど妊娠線ができずにすみ、少し甘くみてしまったことが原因だったのかどうか、二人目を妊娠し同じように妊娠線対策としてクリームを塗っていたつもりだったのですが、いざ出産をしてから自分自身のお腹を見てみると、下の方に数本の妊娠線ができてしまっていました。

ベルタママリズムはドラッグストアなどの店舗で購入可能?市販状況や私の口コミなどをまとめてみた!

しまった!と思った時にはもう遅いことは分かっています。どうしようもありません。そして三人目を妊娠したときは、もちろん同じように妊娠線対策としてクリームを塗っていましたが、妊娠後期にもなると、お腹の下の辺りがどんどん大きくなっていくに連れて、皮膚がピリピリとする感覚がありました。皮膚が引っ張られるような、つれるような、かさつくような感覚でした。そんな時は急いでクリームを塗ったりもしていました。

しかし、残念なことに出産をした後に自分自身のお腹を見てみると、お腹の下の辺りはビリビリに妊娠線が入ってしまっていました。やっぱり妊娠後期のあの皮膚の感覚は、まさに妊娠線ができる瞬間だったのでしょう。
けど今となっては、三人の子供たちをしっかり育てて産んだという、私だけの勲章みたいで、一人たまに見てはちょっと感慨深くもなる妊娠線だったりしています。