カテゴリー
スキンケア

紫外線の強い場所に住む肌の宿命

私の住む場所は、紫外線が強いことで有名で、1年中強い紫外線が降り注いでいます。

アイウルルは効果あり?3ヶ月使用した私の口コミ体験談を辛口評価でお届けします!

そのせいか、皮膚がん率1位と呼ばれているほどです。そのため、なるべく私は1年中SPF50基準の日焼け止めクリームを使用するようにしています。

それでも、気づけば顔や手にしみ、そばかすが増えているのに気づきます。そして、もう一つの悩みが、ほくろが増えることです。ほくろの量というのは、遺伝子も無視できないのかもしれませんが、私は幼い頃から全身にたくさんのほくろがあります。特に顔の目立つ場所にある場合には、それを隠そうと、あらゆるコンシーラーを用いて、ほくろが目立たないように工夫をしてきました。

ひどい場合には、レーザー治療で薄くする美容ケアを行ったこともありましたが、紫外線は消えてくれるわけではないので、一度薄くしても、また再び同じ場所からほくろが濃いものが出てきたりします。外側をケアするだけじゃダメなら、内側からケアするしかないのか、と思った時には、内側からサプリメントなどを摂取して、紫外線対策をしたりしています。このように、紫外線が強い場所に住む場合には、大変な努力を強いられるのでした。何か効率的に良い方法はないかと、いつも考えています。